ウェディングブーケを例にしたシリカゲル乾燥と自然乾燥


挙式後に、製作者は速やかにブーケを回収しなければならない。花は、7分咲き~満開したばかりの新鮮さがある時に乾燥させなければならないのだが、挙式後のブーケは、刻々と劣化が進んでいる。特にバラは高い温度に弱い性質があり、かなり痛んでいるかもしれない。あるいは、全く使えないかもしれない。

ブーケを回収後、解体して使える物を選ぶ。実物大での完全再現ではなく、小さめに構成することを目標にする。

大きな花は、茎から切り離す。花の上から二つ折りにしたワイヤーを入れて貫通させて、花の根元に出す。花の上から、ロウソクの蝋を花弁の根元に滴らして補強を行い、崩れを防止する。粒子の大きさがドライフラワー用に作ってあるシリカゲルの中に、花を埋めて乾燥させる。茎は吊るし干しにする。乾燥を確認後、花と茎をワイヤーを使い繋げる。茎が使えない場合は、ワイヤーとフラワーテープを使い茎を自作する。

小~中くらいの花は、シリカゲルの中に埋めるか、風通しの良い場所で花を下にして吊るし干しにする。天候が悪い場合はエアコンを使い、腐らないようにする。乾燥を確認後、崩れる部分は接着剤を使い固定する。崩れ防止スプレーを持っている場合は、適時使う。

防虫スプレーをして、組み立て、飾る。

上記作業を行う余裕がない場合は、簡単な方法で乾燥させる。使えそうな物を選び、花と茎を切り離すことはせず、花を下にして吊るし干しにする。天候が悪い場合はエアコンを使い、腐らないようにする。乾燥を確認後、崩れる部分は接着剤を使い固定する。組み立て、飾る。劣化は早いことで、カビや虫がでる前に捨てる。
posted by ドライフラワー at 17:54日記